Taiko

TAIKO

Taiko

Taiko

様々な邦楽曲のほか、祭りやイベントにも広く用いられるパール和太鼓。代表的なタイプやサイズをラインナップ。

MIYA DAIKO

伝統を踏まえ、進化を遂げたパール和太鼓は、長い歴史を誇る日本の伝統楽器でありながら、今や、さまざまなジャンルで使われ、海外でも広く親しまれた存在です。その雄大で表現力豊かな響きは、躍動感に満ちあふれ、人々を魅了します。 和太鼓の代表的なモデルとなる大太鼓は、通称“宮太鼓”とよばれています。胴の素材には、トラディショナルで格調高い厳選された本けやきを採用。また、皮の素材も厳選し、太くパワフルな鳴りを発揮でき、耐久性にも優れたものを採用しています。

Shime Daiko

地打ちと呼ばれる基本的なリズムをきざむならこのモデル。抜けるような明るい音色が特徴で、和太鼓の中では最も高い音程を持っています。

HIRA DAIKO

民謡の演奏に最適なモデル。 幅広く使われており、締太鼓よりやや低い音程を持っているため、併用すれば美しい音の組み合わせが生まれます。

BACHI

厳選された樫と朴(ほう)を採用。樫はやや重めで堅く、朴は軽く柔らかい材質です。バランスの取れた形状のため長時間の演奏でも苦になりません。